4月の小4~小6サピックス教材をコンパクトに解説!

4月になってから特に
「論説文について詳しく解説した音声が聞きたい!」と
LINEに解説リクエストをもらっているので、

いま論説文が苦手な子が
ゴールデンウイーク中に何をやれば得意分野に変わるか

そこで、ゴールデンウィーク中にご家庭でできる、
成績アップする戦略について解説してみたよ!
(,,・`∀・)ノ

5月中もサピックス対面授業お休みが
発表された今だからこそ、

論説文を得意にしたい人、読んでみてね。

中学受験の論説文。何が出題されるの?

中学受験の論説文は
「いま世の中で問題になっていること」
について書いてある文章が出題されやすい。

つまり
現在進行形の「今」
を扱った読みものね。

2020年の4月、
いま問題になっていることといえば?

そう、
新型コロナウイルス。

コロナの影響で、

・ 働き方
・ 人とのコミュニケーション
・ 国際化社会

など
さまざまな方面で変化が起こり
同時に新しい課題がうまれてくることは明らか。

「新しい」課題、ってところが
ポイントで、

そういう時代だと
論説文のテーマとして、

「今まで読んだことがない話題」

が出題されやすい。

だから、ただ
なんとなく
サピックスのテキストを
解いているだけじゃ、

本番の入試や
これからのマンスリーテストで
得点できない可能性が大きい。

とくにみんなが憧れるような中学校は、

いままで出題されていないような文章を探してきたがるから、

コロナによる社会的影響についての文章は、
これから2~3年めちゃめちゃ増えてくる。

しかも、
コロナによる変化は、社会のあらゆる分野におよぶし、

予想もしていない変化が出てくるだろうから、

今まで塾で読んだ話を暗記するような
テーマ読解「だけ」では、乗り切れない。

論説文の得点力アップに必要なことは?

論説文でどんな問題がきても
文章を読み解き、得点できるようになるには

・ 文章の論理構造を理解した上で、

・ 筆者の主張をつかむこと

が大事。

とくに、文章の構造、

つまり、「どういう風に」筆者が説明しているか

「論理の仕組み」がわからないと
「偏差値が伸びない仕組み」になっている。

「筆者の主張・具体例を分ける」

くらいは意識している人も多いと思うけど。

もっと細かい論理の進め方まで、難関校は問題にしている。
もちろんマンスリーテストでも。

だけど、大丈夫。

「論理構造を示す言葉」は決まっているので、
あらかじめ理解して、覚えておけばOK。

論説文を得点源にかえるチャンスは、あなたのお子さんにもある。

論説文には、物語文とは違う「必勝法」がある。

中学受験国語では
「昔も今も変わらず」読解で必要なこと
を「覚える」のが大事。

論説文の読解をしていく上で
「変わらない大事なもの」は何か?

それは
論理構造を示す言葉。

一例としては、

「つなぎことば(接続詞)」が論理構造を示す上で大事なんだけど、

「つなぎことば」の他にも
知っておきたい

答えを探す「手がかりになる言葉」がある。

「長文問題の文章」という荒海を

答えを探す「手がかりになる言葉」を知らず、
「印付け」もしないで解くなんて、

羅針盤をもたずに航海に出かけるようなもの。

「試験時間50分」という制限時間内に解答を仕上げることができず、
本当だったらできるような問題も解けない。

残念な結果になってしまう。

逆に言うと、

答えを探す「手がかりになる言葉」を覚えておけば、

新型コロナによる社会の変化、みたいな

「今まで読んだことがない文章」が出ても、
きっちり読解できるから、

論説文を得点源にすることができる。

サピックスの解説授業。「答えの見つけ方」を教えてもらえてますか?

最近は大手塾でも

動画授業が実施されるようになってきているけれど、

答えがここに書いてあります」
って話だけじゃなく、

「〇〇って言葉があるから、こう考えます。だから、△△が答えです」
というように、

「次に読む論説文でも使えるテクニック・方法論」を聞くことができてる?

もし、お子さんが
「答えを見つけるための、ヒントになる言葉」を答えられずに、

「答えだけ」を書いて満足しちゃうなら黄色信号。

国語は時間があるいま、取り組む人が勝つ。

「国語を得意にする近道」を知ったら、あとは実行するだけ。

いまのような自粛期間は、国語の勉強をするのにうってつけ。

勝どきで13年中学受験国語専門塾でやってきた中で

生徒さんとのやりとりから生まれた無理ない方法論だから、誰にでもできます。

実際わたしが中学受験生として桜蔭に合格したときも、
論説文国語は「一定のルール」で読み解けるので、「安定した得点源」でした。

先月開催した
「3月の気になる点になる国語」音声セミナーの
ご感想の一部です。




さあ、今のうちに論説文を得意にして、
マンスリーテスト再開に備えましょう。

次のマンスリーテストで
クラスアップするのは、
あなたのお子さんです。

今年度の成績アップは「家庭学習」次第

いまのように「外出できない」ゴールデンウィークは、

勉強できるという意味では本当に貴重。

ゴールデンウィーク以降も
サピックス対面授業はお休みだからこそ、
家でのガンバリが成績アップの鍵。

ハートフル国語塾の音声セミナーは

一般的な解説授業のように
「面白くない」
「お子さんの集中力が続かない」
「わかりにくい」
ということはありません。

お子さんが聞いても、とっつきやすい

・ 「どの言葉に印をつければいいか」明確なアドバイス
(再現性あり!)

・ お子さんにとってわかりやすい「身近な具体例」を用いた説明
(思わず笑える、印象に残る解説もあり!)

・ テーマ読解も意識した「キーワード解説」
サピックス小5・小6が4月に読む論説文のポイントがわかる!)

で構成されています。

お伝えする内容は

・ 小4までの説明文・小5小6の論説文。
知らないと混乱する読み方の違いは?

・ サピックス4月教材のトピック
(自然と人間の関係。読解テーマとして「里山」について)

・ 論説文の線引きマスターPart2
(正確に読み取るために印つけすべき、ワードリスト)

ぜひゴールデンウィーク中にお子さんと一緒に聞いて、今のうちに論説文を得意に。

そして、
ぜひ「4月の気になる点になる国語」音声セミナーを活用して、
マンスリーテスト再開後のクラスアップをつかんでね!

セミナー詳細

■ 対象

小4・小5・小6でサピックスにお通いの方
が対象ですが、

以下のような方にもおすすめします。

※ まだ低学年だが
・ サピックスの国語カリキュラムを研究したい方
・ 先取りとして何をやったらいいか知りたい方

※ サピ以外の塾に通塾中だが
・ グノーブルのような記述難関塾にお通いの方
・ 現在の塾でのカリキュラムに疑問がある方
・ 論説文の成績が伸び悩んでいる方

■ 講師

さかたくにこ

■ サービス形式

■ サービス形式
43分の音声&スライド(mp4ファイル)のダウンロード

※ お手数ですが、
PCからkokugoApril.zipファイルをダウンロードの上、
解凍(展開)してください。

スマートフォンからのダウンロードには対応しておりません。

■ 販売期間

2020年4月29日12:00~5月2日23:59

■ 販売価格

税込 5,000円期間限定 税込4,500円

■ お支払方法

クレジットカード・コンビニ決済・PayPal・楽天ペイ(stores.jpの決済システムを使用します)

■ お申込はこちらから

ゴールデンウィーク中に
国語論説文を得意にする、
とっておきの秘密
【4月の気になる点になる国語】を
今すぐ申し込む

↓ こちらをクリック ↓

成績アップを「自粛」する必要なし!
巣ごもりしながら、論説文を得意にしよう!!


5月2日23:59までの期間限定です。